現場の安全は俺達が守る!!
鳶工事部1年目
栗原理央
RIO KURIHARA

俺達が現場の花形だ!

鳶職人とは建設現場において最初から最後まで施工に携わる職種です。
初めに現場の顔となる仮囲いを組み立て、建築物の骨組みとなる鉄骨を組み、建築物の外装・内装を仕上げる安全な作業床(足場)を組み立てます。
常に鳶職人は工事を先行して行う為、鳶職人がいなければ工事は進んでいきません。
その作業の中で常に他職種の安全の模範となるのが鳶職人です。
常に危険の最前線で命綱を使用し、安全第一で作業を行い他職種の模範となるのが鳶職人であり、まさに現場の花形です。

8:00
ラジオ体操・現場朝礼・KY活動
職人の朝は早いです、8:00から朝礼があるので30分前には現場に集合しましょう。
8:00からは現場内でラジオ体操を行います。ラジオ体操でその日の体調を把握し、体のわずかな信号をキャッチ怪我防止に努めます。怪我をしないのも一流の証です。
ラジオ体操後はKY活動(危険予知活動)を行います。
自分や、グループで行う作業の危険個所を確認し、指差呼称を行い「御安全に!」の一言で締めて気合を入れ作業開始です。
10:00
10時休憩(進捗確認)
職長が作業の進捗を確認します。作業での問題点や朝のKYで行った事に相違がないか報告をします、新たな危険個所が発生したりヒヤリハットがあった場合は職長に報告し、職長から作業員全員に周知します。
最近若い人が休憩中にスマートフォン等でゲームをしていますが、自社では部下とのコミュニケーションと安全作業の打合せをしています。
12:00
昼食休憩
工事現場の昼食は12:00~13:00までが基本です。
現場によっては売店等があり、1日の中で一番楽しい時間かもしれません。
昼寝をして午後の作業に備える人も良く見かけます、午後の仕事初めも体を良くほぐして安全作業で頑張りましょう。
15:00
15時の休憩(進捗確認・終業時の状況報告)
基本的には、10時休憩時と同様になります。
職長へどんな小さなことでも報告して事故のリスクを減らします。
終業時の状況をイメージしながら仕事をしなければならない時間となります。
仕事終わりまであと少しですが気を抜かずに作業しましょう。
17:00
片付け・清掃・ヒヤリハット
作業が終了したら、作業で出たゴミを片づけたり、材料を指定の場所にしまうなどして現場を清潔に保ちましょう。
綺麗な現場を維持するのも一流の職人さんです、また物が散乱している現場だと事故を起こす確率が高くなりますので片付けなども気にかけて作業しましょう。
片付けなどが終わったら現場でのヒヤリハットを行い翌日の作業に生かしましょう。
作業お疲れ様でしたっ!明日も御安全に!

鳶職人を目指す人たちへ

現場は【鳶で始まり鳶で終わる】と言う言葉がある通り、鳶なしでは現場は成り立ちません。
鳶職人は危険で肉体的にも厳しい職種です。しかし安全に作業している姿は芸術そのものです。
鉄骨を建て終えた時、足場を組み終えた時の達成感は計り知れないものがあります。
真和建設で一流でかっこいい鳶職人を一緒に目指しましょう。

栗原理央

他の社員を見る

PAGE TOP