SERVICE

事業紹介

真和建設 工事部長挨拶

プライドを持った施工

長年にわたる建設投資の減少に伴い競争が激化し、技能労働者及び工事管理者の労働環境が悪化してきた事に伴う構造的な問題により、人材不足が顕在化している中で復興需要などの建設投資の増加による人材不足が深刻化しています。 真和建設では社員一人一人が、安全・品質・技術力にプライドを持つ施工を心掛け、日々精進しております。 慎重かつ丁寧な施工、あわてない施工、そして事故は絶対に起こさない。 近年、人材不足が原因による手戻り作業やあわてる事による事故が多発しております。 慎重かつ丁寧な施工、あわてない施工を常に念頭に置き施工を行い、全ての現場の無事故と工程厳守を達成出来る様、社員一同努めてまいります。 今後とも格別のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

事業紹介

鳶工事

鉄骨建方

鉄骨建方とは、資材・部材の搬入から始まり、クレーンで柱を建て、梁をつないでいく作業です。施工は、下まわりと取り付けの2グループに分かれて行います。下まわりは、搬入された部材を、地上で吊るための段取りを行います。段取りの内容として、命綱となる安全帯を架ける設備や、落下養生のための水平ネットの仕込み、開口部につく梁には、手摺を取り付けます。取り付けは、地上から吊ってきた部材を、高所にておさめる作業を行います。
柱、梁など重量物をクレーンで楊重し図面の通りに納める。その技術は直ぐに身に付く物ではありません。
鳶職人の中でもエキスパートな人間が集結し施工する。それが鉄骨建方です。
常に危険と隣り合わせの工事ですが、墜落・落下災害防止を万全にしてからの施工が必要となります。
念密な施工計画と搬入計画を事前に行い、その計画通りの施工を行わなければなりません。その為、元請けと関係業者が一致団結して上棟まで高い緊張感が現場中に溢れています。

足場工事

足場工事では、専門業者の中で一番最初に現場に乗り込み仮囲いを組立てます。
基礎工事では、安全に作業出来る通路足場や昇降設備を組立てます。
躯体工事では、ほぼ現場内の全員が使用する外部足場を組立てます。
特にこの外部足場は現場の顔となり、多くの人達の目に入ります。外部足場のシートがたるんでいたりすると、現場全体が汚いと思われてしまいます。責任重大な工事です。
そして外部足場を解体し、仮囲いを解体する。工事現場に最初から最後まで関係し、常に足場工事は先行して工事を進めて行く業種となります。
その中で元請けの品質管理や専門業者の安全を守る足場工事は、常に安全最優先で慎重かつ丁寧な仕事が求められます。

土工事

コンクリート工事

弊社でのコンクリート工事とは、躯体構造体をコンクリートにて構築する為に、内部振動機や型枠振動機を用いて打設する工事になります。
地下部では機械土工事によって掘削された空間に基礎を造ります。大規模現場では逆打ち工法での圧入コンクリートなど特殊な工法をおこないます。

地上SRC造やRC造では建物の外郭や内部構造壁を、S造では床デッキ部の広範囲な打設やCFT(鉄骨柱充填)など、取引先企業様の計画・工法に基づいて施工をおこないます。
コンクリートは生コン工場から出荷されたコンクリートを、硬化するまでの定められた時間内に順序・手際よく充填し、不具合(ジャンカ・コールドジョイント)を発生させない密実な構造体を構造する、経験と技術を有する工事になります。

機械土工事

機械土工事

地下の構造体を造る為に地盤を掘削する工事を「根伐り工事」と呼びます。
超高層の建設工事では地下30mを超える掘削をおこなう為、大小様々なバックホウでの掘削床付を行い、構台上からクラムシェルで残土排出、大型ダンプで場外へ残土を搬出します。その後は躯体工事業者に受け渡し基礎躯体工事の完成を待ち、埋戻し作業になります。埋戻し作業では埋戻土の転圧や砕石転圧などにロードローラーやタイヤローラーを使用し、準備工事や外構工事ではブルドーザーやモーターグレーダーにより不陸調整を行います。

機械土工事では、様々な大型重機を操り建物の地盤を形成します。工事着工前に現場の仮設状況や地盤調査・周囲の環境を考慮した重機の選定など、綿密な打合せを重ねた計画を基に、現場工程に添った施工を実施します。
弊社では大型重機保有し操作するオペレーターを育成指導をおこなっております。

土木工事

土木工事とは一般的にライフライン工事や大規模な範囲の工事が多く、弊社でも多種大型重機を用いて施工を行っています。
昔は人力による作業が多く、大変重労働な作業と認識されていましたが、今は土木・建設機械が発達し、「土」の仕事はその大半を機械で施工しています。
弊社での請負工事は主に道路下部の埋設管工事が多く、工事には1台1台機能の異なる機械を組み合わせて行います。この機械の組合せのバランスが悪いと、施工能力を活かせません。この仕事は操縦技術も大切ですが、併せて常に施工能力を考えさせられる大変知的な仕事になります。

また、施工責任者は土木施工管理技士や基幹技能士等、現場施工に関する経験を基に、国家資格を有しての選任となりますので、他の職長との連絡・調整、機械の施工能力バランス・技能者の力量を見極め指導を行うことのできる優れた職長が活躍しています。土木・建設機械は、ただパワフルなだけのゴツい乗り物ではありません。土を掬い取るショベルが付いていたり、土を押し均す為のブレードが付いていたり様々な仕様の物が有ります。このような装置類に複雑な動きをさせる為には繊細な操作技術が必要です。機械を操ることの多い土木工事は毎日が心躍る仕事です。

施工計画

施工計画とは工事を行うにあたって、各工種ごとの工事の進め方、方法を検討し、それら工種間の施工順序、工程、運搬、動線などを勘案した総合的施工方法について計画することです。工事は敷地の条件、設計仕様、建設場所などによって施工方法に大きな影響を受ける為、それらの条件に合わせてその都度計画を行います。
弊社では、専門業社として培ってきた技術・知識を基に、専属CADオペレーターによる作図をおこない、様々な角度から安全作業への配慮、工程短縮など社内検討を加え、出来ること、出来ないことを明確にした独自の施工計画書を提案させていただいております。

◆主な計画書◆
【鳶工事】
・仮設足場組立計画、仮設足場解体計画
・鉄骨建方計画、鉄骨搬入計画、クレーン設置計画
・重量物揚重計画
【機械土工事】
・根伐施工計画(山留計画、止水排水計画)
・残土運搬計画
・クレーン揚重計画
【コンクリート工事】
・コンクリート打設計画(施工要領計画、品質向上計画)
【土木工事】
・山留計画
・重機使用計画
・道路使用計画
・産業廃棄物処理計画
・除染作業計画

真和建設工事長紹介

  • 鳶工事部 工事長

    金子 光

  • 鳶工事部 工事長

    高根 大吾

  • 鳶工事部 工事長

    増川 慎一

  • 鳶工事部 工事長

    川村 聡

  • 土工事部 工事長

    近藤 知浩

  • 土工事部 工事長

    齋藤 友洋

  • 土工事部 工事長

    若林 義和

  • 土工事部 工事長

    島崎 徹

  • 土工事部 工事長

    菅野 斉

  • 土木工事部 工事長

    小川 貴司

  • 土工事部 副工事長

    松村 智陽

  • 土工事部 副工事長

    菅谷 文章

保有機械

  • PC200-8N1

  • PC200-8

  • PC138US-10

  • PC120-6EO

  • PC30MR-2

  • PC20MR

  • 10tダンプ

  • 4tユニック

  • 4tローダーダンプ

  • 3tローダーダンプ

  • 2tダンプ

  • その他車両30台

PAGE TOP